Skip to content

契約に基づく義務を履行しなかった締約国が

Posted in リーガルチェック, 契約書, 契約書作成, and 弁護士

契約書に関連して執行可能な締約国であること
・第2回自主退職制度(第2年次VRS):暦年後または購入者から署名日までのいずれか早い日のいずれか早い時期に、雇用者が第2回VRSを選択するための奨励措置を講じる。第2のVRSの条件は、第2のVRS(地方の州)を選択する賃金委員会の従業員にVRSの会費を支払うことを拒否されたVRSスキームについてのその後の支配条件よりも劣ってはならない。セントラルサービススタッフのためのサービス条件。・第1回自発退職制度(第1回VRS):本部に拠点を置く集中サービス隊員は、自発的退職を選択したか、またはユニットへのサービス譲渡に同意した。VRSを選択した場合、サービス実施年数/残存期間に応じた(地方の州の)規範。・購買担当者の新しい管理下で本部に雇用を続ける:本部のサービスを選択した公示/代理集中管理職員は、同じサービス条件で、第6条の条件に従って修正された給与尺度でサービスを継続する)インド政府の給与委員会一元化されたサービススタッフの削減は、署名日から少なくとも1年間は購入者が行う。・第2回自主退職制度(第2回VRS):署名日から1暦年以内に、本部に移管された中央管理職員には、購入者が第2回VRSを選択するオプションが与えられます。購入者は、VRS料金をそのような中央に支払う義務があります。第2のVRSの条件は、VRSスキーム7のVRSプロセスおよびその他のサービス条件を選択したVRSスキームを担当するVRSスキームについて、その後の条件と比較して劣るものではありません。購入者は、VRS申請者が受諾しようとする賃金委員会の従業員を確定するために相談されます。
収入印紙はまたはその他の財政援助による保証および
(雇用を継続したくない賃金委員および中央スタッフのための会社名)。購入者は、VRSを最初のVRSを選択し、新しい管理下でユニットの雇用を続けることに同意しないユニットに転記/代理されたそのような集中サービススタッフにVRSを支払う義務があります。会計アドバイザーが計算する最初のVRS金額/。最初のVRS支払日(会社名)に最初のVRSスキーム7が終了してから15日以内に、購入者が販売者に支払うVRS金額の支払い。VRSスキームを選択していないか、最初のVRSオプションが受理されていないユニットの従業員と、(会社の役職員がサービス期間を最大限に活用して休憩なしにユニットの雇用を継続することに同意した集中スタッフの従業員名前)は、署名日後にユニットでサービスを継続する。

契約移転会社および
退職していない従業員の署名日から1カ月の猶予期間。・賃金委員の従業員は、一般的な(業種基準)賃金ボードの賃金率。・ユニットのサービスを選択した中央のサービススタッフは、第六賃金(一般的な賃金手数料)よりも劣らない改訂された賃金尺度を継続するものとする。・いいえこのロックイン期間中は、賃金ボードの従業員または集中管理された職員の削減が行われるべきである。署名日から1年後に、購入者は第2のVRSを提供し、VRSを選択するすべての従業員にVRS特典を提供する。第2のVRSの条件は、当時のVRSポリシー7のそれよりも劣っていません。購入者は、Rsの性能保証を提供しなければならない。本契約の条件に従って第二VRSを実施するために販売者に通知する。従業員の勤務は経営陣の変更により中断する。退職していない従業員は、サービスの継続性(そのような従業員は、ユニットまたは売り手で行われた勤続年数の恩恵を受けることになる)、退職給付に関しては、これに限定されるものではないが、先天的資金払いの払い込みおよび謝礼。・PF Trustは、受益者が集中サービススタッフである売り手の本店で作成されています。・本部の雇用を継続することを選択した集中サービススタッフのPF基金は、購入者のPF信託に移転するものとする。

契約の最良の例は自動車自動車ローンこの場合自動車車両は借り手と一緒に残るが同じものは銀行金融業者に推論される
契約のいかなる部分も開示当事者が開示する