Skip to content

契約の対象となる前記会費に含めることを目的とする

Posted in リーガルチェック, 契約書, 契約書作成, and 弁護士

書面によるものとしエンジニアが本件に関して実質的に完了証明書を発行するよう
インドの会社は、機械/製品の最初の品目が製造された日から3ヶ月ごとに外国企業に提出し、公認会計士によって正式に認定された前年の総生産量の明細書を提出し、外資系企業、インド会社は、受理した日から1ヶ月以内に上記3ヶ月間の生産でロイヤルティの額を支払う。・外国会社が行う支払いは、セックスの支払いの対象となります。1986年の研究開発措置法に基づく未払いの場合。・また、インド会社は、所得税法の下で支払われた場合には、かかる支払から所得税を控除する権利を有する。・両当事者によって署名された本契約のコピーは、法律で要求されるように複数の当局に提出される。・インドの会社は、機械/製品の最初の品目が、公認会計士によって正式に認定された前回の間に総生産量の陳述書が作成された日から3ヶ月ごとに外国会社に提出し、外国会社インド会社は、そのような受理日から1ヶ月以内に、かかる3ヶ月生産で前述した料金でロイヤリティの額を支払うことになる。
契約者は技術者が
・外国会社に支払われる支払は、1986年の研究開発税法。・また、インド会社は、所得税法の下で支払われた場合には、かかる支払から所得税を控除する権利を有する。・両当事者によって署名された本契約書のコピーは、法律で要求されるように他のいくつかの当局に提出されます。・本契約に基づき、当事者がインド通貨または外国通貨で相手方に支払うべきすべての支払いは、インド準備銀行の承認を条件に、当該銀行によって定められた方法で行われる。・上記のインド政府の承認状は、本契約の一部とみなされるものとし、本書に含まれるいかなる条件または条件に反しまたは矛盾するものは、無効とみなされるものとする。

書面による事前の同意がない限り実施されない投資家
・この契約は、本契約書の日付以降、本契約の他の条項、両当事者は、当該期間を相互同意により延長することができる。・この契約は、下記のいずれかの事象の発生時に終了するものとして扱われます。・本契約のいずれかの当事者が本契約の条項違反を犯した場合、違反を犯したとされる当事者は、相手方の終了予定日の3ヶ月前に相手方から通知を受け、前者は失敗した当該期間内に違反を修正すること。・不可抗力事象を含む本契約の履行を不可能にするような事態が発生した場合。・インド会社または外国会社のいずれかが、それが支配的である法律に従った、またはそれに基づく任意の強制清算に入る場合。・当事者が本契約を終了することに相互に同意する場合。・すべての制裁措置承認許可ライセンスおよびインド政府および本契約のすべての条件に効力を生じるために必要な法定当局のその他の要件は、インドの会社によって取得されるものとする。・当事者間で生じた紛争または相違、または本契約に基づく権利義務、または一方当事者の金銭的またはその他の者に対する請求または本契約の条件の解釈および効果について生じた紛争または相違合意に達した場合には、共通の仲裁人の仲裁に言及するものとする。2以上の仲裁人本契約の各当事者によって任命される仲裁人であり、そのような仲裁は、1996年のインド仲裁調停法、かかる仲裁のための開催地は、インド38にあるものとする。・本契約の有効性および本契約の効力または意味は、インドの法律。・一方の当事者による他方の当事者間の連絡は、書留郵便によって郵送されるか、またはテレックスまたはファックスまたはケーブルで承認されるものとする。

書類意思決定手紙受注書の条件が
締結する前にまたは他の当事者にさらなる開示を行うこと