Skip to content

契約の条件に違反し合理的なすべての猶予期間を取るそのような代表者または第三者が

Posted in リーガルチェック, 契約書, 契約書作成, and 弁護士

契約に基づく各義務の義務は当該締約国の代理人譲受人および後継者を拘束するものとし便利なタイトル
本契約で使用され、本明細書で特に定義されていない大文字の用語は、EOI cum RFQおよびRFPにおいてケースと同じ意味を持つものとする。第2条:単位の譲渡、売り手は、本契約に定められた方法で本契約に定められた方法で売り手に支払われる買取価格を考慮して、売り手が取引を終了し、買主と買主に交付し、売り手から売り手のすべての権利の権利と利益をユニットに、そしてそれを除いて、すべての資産および負債を除いて負債、現時点での懸案事項として、基本的にはどこに根拠があるのか(「The Unit」2)。締約国は、売り手が第3条第2項に定める支払条件を遵守した後、本契約の第8条に定められた条件に従い、締結日に本ユニットの所有権を購入者に移転することに同意する。締約国は、売り手が締結日に固定資産を購入者に移転することに同意する。さらに、両当事者は、売り手が除外債務を購入者に移転してはならず、売り手は引き続き所有権および/または責任を保持しなければならないことに同意する。本契約で想定される取引および取引は、以下、取引、締約国は、本件取引が、売却可能有価証券の対価の根拠となるように、継続的な懸念事項として分離できない全体としての本ユニットの大幅な不況を構成することを認識し、同意する。
権利をの第そのような正当な
購入者は、ユニットを単独で唯一の費用と費用で稼動させ、運用するために、適切な政府/法定/地方自治体の当局から必要とされるように、必要かつ関連するすべての許可承認の同意を得るものとする。売り手は、移転または譲渡することができる許可証の移転または譲渡を支援するものとする。ただし、売り手は、購入者が合理的に随時要求する可能性があるように、購入者にそのような許可/許諾を得る際に同意と異議申立書を提出することによって協力するものとする。これにより、ユニットに関して保留中の偶発債務および法的訴訟はすべて、売り手によって購入者に移転され、購入者は、その偶発債務に関して、歌い手の日から主として責任を負い、売り手は、そのような点でいかなる責任も負わない。さらに、売り手は、偶発債務および法的事案に関連するものを含む、本ユニットに関連するすべての帳簿書類および記録を譲渡することをさらに明確にする。

契約の一部を構成する他のすべての文書
署名日に、売り手は、a)すべての資産の所有権を引き渡し、b)固定資産以外の売主の資産を証明するすべての書類および登録書を購入者に交付する、c)契約書を購入者に移転する。 d)ユニットに関連し、ユニットの販売を完了するために売り手を所有している可能性のあるその他の重要な書類を購入者に送付する。First VRSのオプションを行使しなかった売主の従業員またはFirst VRSの受諾のために購入者が同意しなかった従業員は、購入者は、退職していない従業員のうち1人を退職してはならず、締め切り日から少なくとも1つの完全なシーズンまたは1年間(これは第2のVRSの実施より早くはない)。購買者は、署名日から決算日までの間、ユニットに関する単体の書籍および記録を保持することに同意する。署名日から終了日まで購入者はユニットを運営する権利があり、給与などのすべての責任と運営費用を負担する。法律上の法的責任またはその他の責任を含むユニットに関する。ユニットの営業活動によるすべての営業利益または損失は、署名日2から購入者に帰属します。インターユニット口座と補助口座は、歌う日後に処理されるべきである。購入者は、単位間口座及び子会社口座に係る金額を支払う旨の請求又は義務を負いません。(会社名)および子会社の会計は、以下を意味する。説明:本項の目的において、単位間口座とは、(企業名)の単位とその子会社の単位との間の取引に関する額の2つの間の取引に関連する口座をいう。受取人の払い戻し:ユニットの譲渡の対価は、以下に定める方法で、一定のその他の会費と一緒に購入者が支払うべき金額の総額とする。

契約書または文書はこの場合
不履行が直ちに是正されないこと