Skip to content

契約者は会社法に基づき設立された会社

Posted in リーガルチェック, 契約書, 契約書作成, and 弁護士

契約条件コロケーション
は、商標登録官に所定の方法で申請することにより、登録商標への譲渡又は譲渡によって権利を得た者に対し、商標の所有者として登録されることを要求する。登録商標の所有者は、他の者がその商標を使用することを許可する契約を締結することができる。アプリケーションはSecの下で作成する必要があります。・トレードマーク使用 契約書(形式)これ、インド企業法19XX(該当する地域の法律)に基づいて登録され、他の部分の、外国会社が登録された商標で販売されているものその中の外国会社は、以下の表に記載されている名称で特産品を製造しています。インドの会社は、インドにおける外国会社の専門家または技術的助言および指導を、当事者間の別個の合意の下で、外国会社は、当該法律の下で当該商標が正式に登録されていると宣言している。同社は当該国以外の当事者によって使用されることを許可する権利を有しており、有効かつ存続している。また、インド企業は、インド国内で当該製品の販売において同じ商標を使用することを許可し、外国会社が両当事者間で合意された以下の条件に従うことに同意した場合。インド政府は、インド政府は、Govt日付書簡に示されているように、この合意に同意した。商業省及びインドのインドの関係者との間で以下の合意が成立したことを条件として、当該契約条件を記録することが提案されています。・外国会社は、残りの期間中インドのインド会社によって製造販売された当該製品に関連して、本明細書の明細書(該当する場合)に記載された当該商標の使用を許可し、これにより独占的な権利を付与することに同意する当該商標の登録が有効であるか、またはこの合意の期間中にいずれかの期間が満了する期間。
契約における保険条項の主な義務は
・インドの会社は、インドの法律で要求されているようにインドで当該商標の使用者として登録された名称を取得し、外国会社はインドの会社が商標の登録官に行う申請書に書面による同意を与えるその目的のためにインドで、その目的のために必要なすべての経費は、インドの会社のためである。・インドの会社は、上記の商標をインドで販売し、他の商品やインド以外の地域では販売しないことを条件に、この商標を使用します。・外国会社は、上記の商標が外国会社によって提供されたノウハウの助けを借りて、当社が定める仕様および規格に従って製造されている場合に限り、その商標の使用を許可することに同意したインド会社への会社、外国会社は、当該製品がそのような仕様および規格に準拠していないと判断した場合、外国会社は、本契約により外国会社によって許可されたライセンスまたは許可を撤回し、本契約を取り消して、そのためのインドの会社。・上記の条項または本契約に記載されている他の条項の下で本契約が解除された場合、インド企業は直ちに当該商標の使用を停止し、いかなる方法でも当該商標を参照するすべての広告ポスターおよびその他の資料を取り下げる。そのような場合、ユーザー用の商標の登録は、インド企業6によっても取り消されます。

裁判所は一般に
・当該商標が使用されている全ての広告ラベル又は包装用紙及びその他の資料には、その商標が外国会社に属している旨も記載されており、当該インディアン会社は、7)インドの会社は、当該商標又はそれに類似するその他の商標が、その人の商標として他の者によって使用又は譲渡されておらず、そのような使用が直接的な法的措置を取る場合には警戒するその使用を防止するため、またはその侵害のために損害賠償を請求するために使用されている場合、外国会社は、インド会社が外国会社の名義で民事または刑事訴訟を起こすことを認めるインド会社に有利な弁護士を執行し、外国会社の書面による同意なしにそのような行為をしないことを条件とする取られた場合は、書面により外国会社によって批准されない限り、さらに起訴されないものとする。・本契約の存続期間中に当該商標を使用する権利を除き、インド会社は当該商標に他の権利を有する。・当該商標を使用する許可又はライセンスを考慮して、インド会社は以下の方法で外国会社に支払うものとする。・本契約に基づき当事者が相手方に支払うべきすべての支払いは、インド準備銀行の許可を条件とし、当該銀行が認可した方法で行われるものとする。・Govtが発行した前記承認書、本契約の一部を構成するものとみなされるものとし、本契約の一部を構成するものとみなされ、当該手紙の期間または条件に反するまたは矛盾するものは、無効とみなされる効果。・本契約の期間は、本契約に含まれる他の条項、当該期間は相互の同意により延長することができる。・本契約は、(i)本契約のいずれかの当事者が本契約の条項の違反を犯し、違反を犯したと主張されている当事者に通知を提供する場合は、以下のいずれかの事象が発生した場合、 (ii)本契約の履行を不可能とするような事態が発生した場合には、不可抗力の事象、(iii)インド会社または外国会社のいずれかが、それが支配される法律に従った、または強制される任意の清算に入る場合(iv)両当事者が本契約を終了することに相互に同意する場合。・すべての制裁承認許可ライセンスおよびインド政府および本契約のすべての条件に効力を生じるために必要な法定当局のその他の要件は、インドの会社によって取得されるものとします。・当事者間で生じた紛争または相違、または本契約に基づく権利および義務、または一方当事者の金銭的または他者に対する請求または本契約の条件および解釈の解釈および効果に関して生じた紛争または相違が生じた場合この紛争または相違は、この紛争または相違を、共通の仲裁人の仲裁に付託するものとする。他の2人の仲裁人が本契約の各当事者によって任命されるものと合意された場合、かかる仲裁はインド仲裁および調停。・本契約の有効性および本契約の効力または意味は、インドのLawin India16に従って決定されます。・一方の当事者による他方の当事者間の連絡は、書留郵便によって郵送されるか、またはテレックスまたはファックスまたはケーブルで承認されるものとする。

権利を有する未承認取引のそれぞれについてダーリントン債務を100ドルに制限するように操作された
契約に従っており料金請求が実際に行われたと判断する