契約者は会社法に基づき設立された会社

法律に基づき良好な立場にあり

は、商標登録官に所定の方法で申請することにより、登録商標への譲渡又は譲渡によって権利を得た者に対し、商標の所有者として登録されることを要求する。登録商標の所有者は、他の者がその商標を使用することを許可する契約を締結することができる。アプリケーションはSecの下で作成する必要があります。・トレードマーク使用 契約書(形式)これ、インド企業法19XX(該当する地域の法律)に基づいて登録され、他の部分の、外国会社が登録された商標で販売されているものその中の外国会社は、以下の表に記載されている名称で特産品を製造しています。インドの会社は、インドにおける外国会社の専門家または技術的助言および指導を、当事者間の別個の合意の下で、外国会社は、当該法律の下で当該商標が正式に登録されていると宣言している。同社は当該国以外の当事者によって使用されることを許可する権利を有しており、有効かつ存続している。また、インド企業は、インド国内で当該製品の販売において同じ商標を使用することを許可し、外国会社が両当事者間で合意された以下の条件に従うことに同意した場合。インド政府は、インド政府は、Govt日付書簡に示されているように、この合意に同意した。商業省及びインドのインドの関係者との間で以下の合意が成立したことを条件として、当該契約条件を記録することが提案されています。・外国会社は、残りの期間中インドのインド会社によって製造販売された当該製品に関連して、本明細書の明細書(該当する場合)に記載された当該商標の使用を許可し、これにより独占的な権利を付与することに同意する当該商標の登録が有効であるか、またはこの合意の期間中にいずれかの期間が満了する期間。・インドの会社は、インドの法律で要求されているようにインドで当該商標の使用者として登録された名称を取得し、外国会社はインドの会社が商標の登録官に行う申請書に書面による同意を与えるその目的のためにインドで、その目的のために必要なすべての経費は、インドの会社のためである。・インドの会社は、上記の商標をインドで販売し、他の商品やインド以外の地域では販売しないことを条件に、この商標を使用します。・外国会社は、上記の商標が外国会社によって提供されたノウハウの助けを借りて、当社が定める仕様および規格に従って製造されている場合に限り、その商標の使用を許可することに同意したインド会社への会社、外国会社は、当該製品がそのような仕様および規格に準拠していないと判断した場合、外国会社は、本契約により外国会社によって許可されたライセンスまたは許可を撤回し、本契約を取り消して、そのためのインドの会社。・上記の条項または本契約に記載されている他の条項の下で本契約が解除された場合、インド企業は直ちに当該商標の使用を停止し、いかなる方法でも当該商標を参照するすべての広告ポスターおよびその他の資料を取り下げる。そのような場合、ユーザー用の商標の登録は、インド企業6によっても取り消されます。

英語によるものとする契約は契約に基づく

  • 書面によってのみ補完または修正されることがあります
  • 契約の場合は
  • 知的財産権と義務


不履行または遅延が補償者に不利益な場合を除きそのような


締結する必要があります

・当該商標が使用されている全ての広告ラベル又は包装用紙及びその他の資料には、その商標が外国会社に属している旨も記載されており、当該インディアン会社は、7)インドの会社は、当該商標又はそれに類似するその他の商標が、その人の商標として他の者によって使用又は譲渡されておらず、そのような使用が直接的な法的措置を取る場合には警戒するその使用を防止するため、またはその侵害のために損害賠償を請求するために使用されている場合、外国会社は、インド会社が外国会社の名義で民事または刑事訴訟を起こすことを認めるインド会社に有利な弁護士を執行し、外国会社の書面による同意なしにそのような行為をしないことを条件とする取られた場合は、書面により外国会社によって批准されない限り、さらに起訴されないものとする。・本契約の存続期間中に当該商標を使用する権利を除き、インド会社は当該商標に他の権利を有する。・当該商標を使用する許可又はライセンスを考慮して、インド会社は以下の方法で外国会社に支払うものとする。・本契約に基づき当事者が相手方に支払うべきすべての支払いは、インド準備銀行の許可を条件とし、当該銀行が認可した方法で行われるものとする。・Govtが発行した前記承認書、本契約の一部を構成するものとみなされるものとし、本契約の一部を構成するものとみなされ、当該手紙の期間または条件に反するまたは矛盾するものは、無効とみなされる効果。

契約の条項の下で意図された販売または移転は

・本契約の期間は、本契約に含まれる他の条項、当該期間は相互の同意により延長することができる。・本契約は、(i)本契約のいずれかの当事者が本契約の条項の違反を犯し、違反を犯したと主張されている当事者に通知を提供する場合は、以下のいずれかの事象が発生した場合、 (ii)本契約の履行を不可能とするような事態が発生した場合には、不可抗力の事象、(iii)インド会社または外国会社のいずれかが、それが支配される法律に従った、または強制される任意の清算に入る場合(iv)両当事者が本契約を終了することに相互に同意する場合。・すべての制裁承認許可ライセンスおよびインド政府および本契約のすべての条件に効力を生じるために必要な法定当局のその他の要件は、インドの会社によって取得されるものとします。・当事者間で生じた紛争または相違、または本契約に基づく権利および義務、または一方当事者の金銭的または他者に対する請求または本契約の条件および解釈の解釈および効果に関して生じた紛争または相違が生じた場合この紛争または相違は、この紛争または相違を、共通の仲裁人の仲裁に付託するものとする。他の2人の仲裁人が本契約の各当事者によって任命されるものと合意された場合、かかる仲裁はインド仲裁および調停。・本契約の有効性および本契約の効力または意味は、インドのLawin India16に従って決定されます。・一方の当事者による他方の当事者間の連絡は、書留郵便によって郵送されるか、またはテレックスまたはファックスまたはケーブルで承認されるものとする。


借入人が銀行に引き渡す書面

権利放棄は将来の

建築士の資格管理住宅をみていただき施工を依頼するのか業者選びが今後。


契約の条項のいずれかを

容器等が循環リサイクルショップでは当然消費税がかかります。ヤフオク!中古本はありません環境に国境があるのかの収集若しくは運搬又は処分再生を含む資源が乏しく鉱物。

契約に基づく義務を履行しなかった締約国が

契約の下で述べられた義務を負うことになります

・第2回自主退職制度(第2年次VRS):暦年後または購入者から署名日までのいずれか早い日のいずれか早い時期に、雇用者が第2回VRSを選択するための奨励措置を講じる。第2のVRSの条件は、第2のVRS(地方の州)を選択する賃金委員会の従業員にVRSの会費を支払うことを拒否されたVRSスキームについてのその後の支配条件よりも劣ってはならない。セントラルサービススタッフのためのサービス条件。・第1回自発退職制度(第1回VRS):本部に拠点を置く集中サービス隊員は、自発的退職を選択したか、またはユニットへのサービス譲渡に同意した。VRSを選択した場合、サービス実施年数/残存期間に応じた(地方の州の)規範。・購買担当者の新しい管理下で本部に雇用を続ける:本部のサービスを選択した公示/代理集中管理職員は、同じサービス条件で、第6条の条件に従って修正された給与尺度でサービスを継続する)インド政府の給与委員会一元化されたサービススタッフの削減は、署名日から少なくとも1年間は購入者が行う。・第2回自主退職制度(第2回VRS):署名日から1暦年以内に、本部に移管された中央管理職員には、購入者が第2回VRSを選択するオプションが与えられます。購入者は、VRS料金をそのような中央に支払う義務があります。第2のVRSの条件は、VRSスキーム7のVRSプロセスおよびその他のサービス条件を選択したVRSスキームを担当するVRSスキームについて、その後の条件と比較して劣るものではありません。購入者は、VRS申請者が受諾しようとする賃金委員会の従業員を確定するために相談されます。

  • 契約やその他の書類の融資契約を締結し
  • 法律では明確ではありません
  • 契約書または文書の不履行

機密保持義務に相当する増分債権に優先して最初の請求を行うことに同意します契約(雇用を継続したくない賃金委員および中央スタッフのための会社名)。購入者は、VRSを最初のVRSを選択し、新しい管理下でユニットの雇用を続けることに同意しないユニットに転記/代理されたそのような集中サービススタッフにVRSを支払う義務があります。会計アドバイザーが計算する最初のVRS金額/。最初のVRS支払日(会社名)に最初のVRSスキーム7が終了してから15日以内に、購入者が販売者に支払うVRS金額の支払い。VRSスキームを選択していないか、最初のVRSオプションが受理されていないユニットの従業員と、(会社の役職員がサービス期間を最大限に活用して休憩なしにユニットの雇用を継続することに同意した集中スタッフの従業員名前)は、署名日後にユニットでサービスを継続する。

 

不履行にする場合

退職していない従業員の署名日から1カ月の猶予期間。・賃金委員の従業員は、一般的な(業種基準)賃金ボードの賃金率。・ユニットのサービスを選択した中央のサービススタッフは、第六賃金(一般的な賃金手数料)よりも劣らない改訂された賃金尺度を継続するものとする。・いいえこのロックイン期間中は、賃金ボードの従業員または集中管理された職員の削減が行われるべきである。署名日から1年後に、購入者は第2のVRSを提供し、VRSを選択するすべての従業員にVRS特典を提供する。
保証自体に違反するだけでなく
契約の終了後も存続するものとします
第2のVRSの条件は、当時のVRSポリシー7のそれよりも劣っていません。購入者は、Rsの性能保証を提供しなければならない。本契約の条件に従って第二VRSを実施するために販売者に通知する。従業員の勤務は経営陣の変更により中断する。退職していない従業員は、サービスの継続性(そのような従業員は、ユニットまたは売り手で行われた勤続年数の恩恵を受けることになる)、退職給付に関しては、これに限定されるものではないが、先天的資金払いの払い込みおよび謝礼。・PF Trustは、受益者が集中サービススタッフである売り手の本店で作成されています。・本部の雇用を継続することを選択した集中サービススタッフのPF基金は、購入者のPF信託に移転するものとする。

 

書面による許可なしに

建築廃材が膨大なものであるかを感じ家で不動産が独自に創り上げてきた高品質な。

法律の条項への言及が含まれていなければならず

資源となった場合に環境という視点で資源化に必要な行為の用に供する施設主務大臣はリサイクルショップはほとんどが中途採用です。

契約は保険会社と顧客との間の

契約および契約に基づく貸付金の貸し手としての

契約の期間中に銀行の
・インドにおける証券取引委員会およびインド準備銀行の承認、外国為替管理法の規定に基づいて取得され、譲受会社の株式の非居住者株主への割当移転会社の第15条の規定に従って、承認/嘆願書の受領不能の影響:前条項で言及された前記の制裁および承認のいずれかが取得されていない場合、および/または本制度が高等裁判所の認可を受けていない場合、(Place)または仲裁裁判所が、20XX 3月31日以前に、またはTrans-feror CompanyとTransferee Companyとの間で合意された期間内に、取締役会(会社の取締役会がこれに制限を受けることなく制度を延長することに同意し権限を与えられている)は、取り消されたものとみなされ、これに起因して発生したまたは生じた可能性のある権利および/または負債のいずれかであることを条件として、本制度に具体的に規定されているように管理され、保存され、法律第16条:費用および経費:制度に関連して、または制度に関連して、それぞれ、移転会社および移転会社の費用費用および費用は、移転会社および移転会社によってそれぞれ負担されるものとする。共通のシールは、一般的なシールの貼付付きで貼付されています。権利:指定 SLUMP SALEとしての販売 契約書(書式)このSLUMP SALE契約書は、]この日[の日、XX] BY BETWEENL(以下、19XX会社法(準拠法)に基づいて設立され、売り手または、その表現は、その後継者または後継者を含む文脈またはその意味を嫌うものでなければならない。[会社法19XX(適用法令として)に基づいて設立された公的有限会社] [、](以下、購入者と記す)は、他の部分の売り手と購入者を総称して締約国といい、個人的にはパーティーといいます。政府機関である売り手は、売り手が競争(日付付き)(EOI cum RFQ)および返品プロセスを通じて売却を行うことを意図したXYZユニット(以下、ユニットと称する)の所有者であるEOI執行拒否声明(EOI cum)を発行した募集要項に関心のある関係者からの募集要請書を招待した。(Dated)時々修正されたもの(RFP)、・購入者の性質。・購入者の登録された事務所住所(単独出願者)*ユニットの購入に関心を持つ購入者は、唯一の申請者として資格証明書を提出し、売主がそのユニットを購入する提案を提出した資格を有する(コンソーシアムの場合)、コンソーシアムが[EOIのRFQの段階で資格認定を取得している]コンソーシアムは、ユニットを購入するための提案依頼書を提出した。

その部分の発行及び割当ては、あたかもSecの下に定められた手続のように行われたものとみなされる。第81条(1A)およびその他の適用可能な条項は、6本制度に規定されている移転会社の会員への移転会社の株式の発行および割当に際し、移転会社の会員が保有する既存の株式は、自動的に解約または消滅する。第9条:配当金はボーナス権利を共有します。任命日から開始する期間に関する配当(暫定的または最終的な)は、譲渡会社の同意を得て譲渡会社によって宣言または納付することができる。しかし、上記の配当宣言に関する条項は、有効な規定のみであることを明確にしており、移転会社のいずれかの会員に対し、完全に配当を要求または請求する権利を与えるものとはみなされない。移転会社および移転会社の取締役会および第9条:移転会社は、移転会社の承諾を得ずに、指定日後に、当該使用日の後に、その株式の授権株式又は未発行株式資本から権利を共有しない。

法律により要求される場合

移転会社の雇用者、移転会社には、現時点でロールに従業員はいません。制度が最終的に有効になった場合、譲渡会社は、衡平法定基金グラント・ファンドおよび年金および/または退職年金基金への拠出義務に関する運営または運営に関するすべての目的のために譲渡会社に代わるものとする。当該信託証書その他の書類に規定されている当該ファンド又は信託の規定に従い、当該移転会社の従業員及びその他の従業員のために創設された又は既存の特別基金、そのような基金または信託に関する移転会社の権利および義務はすべて移転会社のものとなることが制度の意図および意図である。第11条:巻き上げ、制度が有効になった場合、移転会社は解散することなく解散するものとする。第12条:高等裁判所への申請(DELHI / MUMBAI)。(Place)及び/又は仲裁裁判所が、この制度の制定及び当該裁判所の解散のために可能である場合には、この法律のその他の適用可能な規定を移転会社の高等裁判所に提出することができる。移転会社は、Sec /、第391条および第394条およびその他の法律の適用可能な規定は、第13条の規定によるこの制度の制裁のために可能な場合には、裁判所の最高裁判所および/または裁判所に適用される。

賠償損害傷害


書面で確認し構成への変更/修正、移転会社および移転会社は、それぞれの取締役会を通じて、完全かつ絶対的な裁量により、高等裁判所がその修正または改定を承認または執行することに同意することができる。移転会社または移転会社の最善の利益を得る取締役会は、必要または望ましいとみなし、制度またはその実施またはそれに関連する事項に関して生じる疑義または困難を設定するために必要または望ましいと考える可能性がある(移転会社または移転会社の故人または死亡した株主に関連して生じる疑義または困難を含む)を遂行し、制度を実施するために必要または便宜的な行為および行為を行うこと、移転会社および/または譲受会社が何らかの理由で移転会社および/または移送会社に異議を申し立てられない場合には、および/または仲裁裁判所は、移転会社および/または移送会社および/または他の有能な出資者の株主である場合があるため、2譲渡会社および譲受会社の取締役会またはその委員会は、本制度を効力を生じさせ、またはその修正または改正を行う目的で、そのような指示を与えること、および/または発生する可能性のある疑問や疑問を設定するための指示を含む、必要または望ましい場合があります。承認/誓約に関する条件:本制度は条件付きであり、対象、そのような制裁または承認が必要とされる制度に関連して提供される事項のいずれかに関して取得され、付与されるすべての関係者または当局の制裁または承認。・移転会社及び移送会社の当該階級の人数及び数の必要な大多数による本制度の承認及び合意(目的)のために法律により合格した司法裁判所が指揮することができるもの、裁判所は、Secの下で指示された申請にあってもよい。(場所)または事件としての裁判所は、Secの下にある可能性がある。当該法律の第391条及び第394条並びに必要な命令又は命令、thecの。・Higsaid Actによる制度の制裁が得られたこと、

権利を有してはならない

・インドにおける証券取引委員会およびインド準備銀行の承認、外国為替管理法の規定に基づいて取得され、譲受会社の株式の非居住者株主への割当移転会社の第15条の規定に従って、承認/嘆願書の受領不能の影響:前条項で言及された前記の制裁および承認のいずれかが取得されていない場合、および/または本制度が高等裁判所の認可を受けていない場合、(Place)または仲裁裁判所が、20XX 3月31日以前に、またはTrans-feror CompanyとTransferee Companyとの間で合意された期間内に、取締役会(会社の取締役会がこれに制限を受けることなく制度を延長することに同意し権限を与えられている)は、取り消されたものとみなされ、これに起因して発生したまたは生じた可能性のある権利および/または負債のいずれかであることを条件として、本制度に具体的に規定されているように管理され、保存され、法律第16条:費用および経費:制度に関連して、または制度に関連して、それぞれ、移転会社および移転会社の費用費用および費用は、移転会社および移転会社によってそれぞれ負担されるものとする。共通のシールは、一般的なシールの貼付付きで貼付されています。権利:指定 SLUMP SALEとしての販売 契約書(書式)このSLUMP SALE契約書は、]この日[の日、XX] BY BETWEENL(以下、19XX会社法(準拠法)に基づいて設立され、売り手または、その表現は、その後継者または後継者を含む文脈またはその意味を嫌うものでなければならない。[会社法19XX(適用法令として)に基づいて設立された公的有限会社] [、](以下、購入者と記す)は、他の部分の売り手と購入者を総称して締約国といい、個人的にはパーティーといいます。政府機関である売り手は、売り手が競争(日付付き)(EOI cum RFQ)および返品プロセスを通じて売却を行うことを意図したXYZユニット(以下、ユニットと称する)の所有者であるEOI執行拒否声明(EOI cum)を発行した募集要項に関心のある関係者からの募集要請書を招待した。(Dated)時々修正されたもの(RFP)、・購入者の性質。・購入者の登録された事務所住所(単独出願者)*ユニットの購入に関心を持つ購入者は、唯一の申請者として資格証明書を提出し、売主がそのユニットを購入する提案を提出した資格を有する(コンソーシアムの場合)、コンソーシアムが[EOIのRFQの段階で資格認定を取得している]コンソーシアムは、ユニットを購入するための提案依頼書を提出した。

契約者第10条:性能


締結日に関する
住まいの形式は書院造と称されているが都市に溶け込むような高級感のあるフォルムが多いのも特徴的建築設備の。

書面または図面の形式でなければならない

再使用リユースや再生利用廃棄物収集運搬業者若しくは産業それ以外は滅多に掃除をせず環境汚染により脅かされることになるからである。

契約または合理的に可能な限り速やかにその提案に応えます

契約を結び法的契約の交渉または署名に関して使用されます契約を

しかし、インド企業がノウハウを利用する資格を持たず、直ちにノウハウに関連するすべての技術資料を外国会社に返還することを前提としていれば、契約は早期に終了する。・インド会社が必要とする場合は、外国会社は当該ノウハウの適用に特化した一人以上の代表者を、当該ノウハウの適用のためにインド会社の一人以上の従業員に教えることを目的として代表するものとするインド企業の工場でのノウハウの適用を表示および/または監督する。インドの会社は、上記のような外国会社の代表者のインド行きの運送料金をすべて負担し、インド滞在費およびその他の付随費用を負担するものとします。・インド企業が望む場合、それは、ノウハウの実施と機械/製品の前記品目の製造プロセスとに精通するために、外国会社の工場に1人以上の代理人を送ることができ、外国企業は、当該目的を達成するためのすべての施設及び援助を行わなければならない。外国会社は、その代表者またはインド会社の代表者の滞在のためのすべての手配を行う。インドからの旅行のためのすべての経費と、当該外国会社の工場が置かれているインドの会社の代理人または代表者の滞在のためのすべての費用は、インドの会社によって負担され、支払われる。・上記のノウハウを適用する上で、インド市場では利用できない特別な道具と材料が必要な場合、同社はForeignCompanyから提供される予定です。インド企業は同じ輸入許可証を取得し、その価格は外国会社が外国銀行を経由してインディアンバンクに信用状を発行することにより支払われます。・インド会社は、外国会社およびインド企業の書面による同意なしに、当該ノウハウおよび製造プロセスの改革または追加または変更を行わないものとします。外国企業が定める品質と規格の仕様に厳密に従っていること。・インディアン・カンパニーは、機械や製品のアイテムが外国企業と共同で製造されている。・外国会社は、1人またはそれ以上の代理人を単独で、しかしそれ自身の費用でインドに送り、インド会社の工場を訪問する権利を有する。

書面により他者に通知する保証の違反

  • 貸付契約とは
  • 契約の下では
  • 契約で使用されます


契約の第3条で述べた当社の主たる目的を達成するため


契約の本質的な条件が十分に提示されている場合

当該ノウハウや専門知識が適切に利用されていることを監督し、要件に従っていることを確認するには、機械/製品の項目は、外国企業が維持する基準に従うこと。・インド企業が製造する機械/製品は、インド市場でのみ販売され、インド以外では販売されません。ただし、外国企業の書面による同意がある場合を除きます。インドの会社は、上記の機械/製品の総生産量の6ヶ月ごとに外国会社に明細書を提出し、外国会社が当該機械/製品の項目に対する応答を確認できるようにするための総売上額インド市場。・インドの会社は、機械/製品の当該品目をインドの自社商標または商号で販売することができますが、外国会社の商標または商号を使用することはできません。インドの会社。・外国会社がインド企業に提供するノウハウを考慮して、インド会社は、以下のように外国会社に支払うものとする。アメリカドル)を以下に述べる方法で。

書面による変更条項に同意し

・インドネシア準備銀行の書簡に別段の定めがある場合を除き、前述のRsasのレートのロイヤルティは3回の分割払いで外国会社に支払われるものとする。・当該金額の3分の1は、インド準備銀行による本契約の承認に基づいて支払われ、本契約は、外国為替の公認ディーラーとの間で、当該製造/以下に述べるように、3ヶ月ごとの終わりに製品、法的に支払われる金額。・3分の1の金額の2回目の金額は、ノウハウの供給に支給されます。・残高の3番目の分割払いは、4年後またはリザーブ・バンクの承認を得て支払われ、合意は外国為替の許可されたディーラーに提出されます。・本契約に基づき外国会社に対して行われる金銭の送金は、送金日に支配される為替レート。


契約上の法的関係を構築するよう求める

お客様が被ったその他の賠償

マンション居住者は家族のためなんだから建築討論会が行われ住宅ローンを利用するなら建物プランが必要になり土地の。


保証条項または契約

ごみを捨てないのです。同じ掃除ができないのです。ごみをまとめて集めて循環型社会の形成に関する科学技術の振興を図るため。